白峰には古くから栃の実を食べるという食文化がありました。

この地域には平地が少なく稲作があまり出来ないということでお米は貴重品でした。
そこでお米に変わる食べ物として栃の実も大事な主食の一つでした。
そしてその栃の実と貴重な餅米を一緒についたのが栃餅で、正月やお盆、お祭りなどの晴れの日に食されていたのです。

栃の実から栃餅にするまではすごく手間のかかる作業が必要なのですが、
その昔ながらの製法で今もつくっております。

昔懐かしくなる栃餅を是非一度ご賞味下さいませ。tochi